2世帯住宅の方必見!浴室リフォームの成功例

浴室リフォームを成功させよう

浴室リフォームを成功させるポイント

自分の家。
それは自分らしくいられる場所。
そしてほっと一息つける場所。
家というのは外での疲れを癒して翌日また頑張るために必要不可欠な場所です。
若い頃は何の問題も感じず、快適に住んでいた家。
それが年齢を重ねていくうちに徐々に不便さを感じるようになったということがみなさん少なからずあるのではないでしょうか。
その不便さを最も感じる場所が浴室だと思います。
元気な時は何ともない入浴が、疲れていたり体調が優れない時は億劫になったというような経験はありませんか。
お風呂に入るという行為はみなさんの想像以上に体力を使っています。
年齢を重ねればなおのこと入浴が大変になります。
冬場の浴室の寒さ、浴槽の高さなど様々な部分で毎日苦労しながら入浴する。
浴室はいくつになっても1日の疲れを癒す場所であってほしいですよね。
また、「家庭内の不慮の事故死」の約30%を占めているのが浴室内での事故死だそうです。
それを聞くとお風呂に入るのが少し怖くなってきませんか。
しかし、今住んでいる家を壊してバリアフリーの家を新しく建てたり、設備の整った家に引っ越したりすることは簡単なことではありません。
そこで必要になってくるのが浴室のリフォームです。
浴室リフォームであれば住み慣れた家を変えることなく浴室だけを変えることができます。
予算やスペース等に限りはありますが、業者と相談することである程度みなさんの希望に沿ったリフォームが可能になります。

このサイトでは、高齢者に焦点を当てた浴室リフォームの成功例を紹介しています。
二世帯住宅で、これからの老後に備えて浴室のリフォームをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

浴室をリフォームしてより快適な家に!

せっかくリフォームしたのにすぐにカビが生えてしまった、窓を大きくしすぎたために落ち着いて入浴できなくなってしまった。 そんな失敗談をネットで目にすることがあると思います。 これから浴室リフォームを考えている人はそれを見て不安になりますよね。 そういった失敗をしない為に、事前によく調べておきましょう。

浴室のバリアフリー化で入浴を安全なものにする

脱衣所と浴室の段差、タイルの素材やシャンプー、石鹸による床の滑り…。 浴室には高齢者にとって怪我の原因となるような危険なものがたくさんあります。 しかし浴室をバリアフリー化することによってそれらの危険を回避することができます。 浴室のバリアフリー化とは一体どのようなものなのでしょうか。

浴室をあたためてヒートショックを防ぐ

冬場の浴室で気をつけなくてはならないのがヒートショックです。 ヒートショックとは急激な温暖差により血圧が大きく動き体に及ぼす影響のことを言います。 ヒートショックが原因で入浴中に亡くなる人の数は全国で年間2万人弱にもなるそうです。 そんな恐ろしい入浴中の事故は未然に防ぎましょう。

トップへもどる