>

浴室をあたためてヒートショックを防ぐ

この記事をシェアする

暖房付きのあたたかい浴室

床も壁も全てタイル張りで、冬場は浴室全体が冷える。
冬場のヒートショックが心配なので、あたたかい浴室にしたいという要望。
在来工法の浴室でタイル張りのため、冷えやすくあたたまりにくい。
ブルーのタイルが寒々しく、窓が大きいことも寒さを感じる原因でした。
ユニットバスに変更し、床には冬場でも足が冷たくならず乾きやすく、掃除が楽な素材のものを使用。
大きな窓を塞ぎ、備え付けの暖房乾燥機を設置しました。
以下がリフォームによって得たメリットです。
タイルで足が冷えることなく洗い場で体を洗えること。
暖房乾燥機の設置で、入浴前に浴室をあたためておくこと、また梅雨時や雨の日には浴室で洗濯物を乾せるようになったこと。
大きな窓を塞いだことによって隙間風が入らなくなったこと。

築50年の家、浴室が生まれ変わる!

築50年でかなり老朽化している浴室をリフォームしたい、高齢の父のために浴槽を新しくし、シャワーを使えるようにしてあげたいというのが
冷たくて危険なタイルの床、タイルの浴槽。
そしてなんと洗い場には水栓・シャワーがないという不便な浴室でした。
それが、リフォーム後にはタイル浴槽からFRP浴槽になり、石油釜をガス給湯器にかえて追い焚き機能もつけられました。
さらに水栓・シャワーも設置され、床には発泡シートが貼られました。
リフォームによるメリットとしては、追い焚き機能がついたことによって楽であたたかい入浴が可能になったこと。
シャワーの設置で、浴槽からお湯を汲んで体を洗う手間や負担がなくなること。
滑りにくく冷たさを感じにくい発泡シートが床に貼られ、あたたかく安全な床へと変わったこと。
そして発泡シートは膝をついても痛くない素材で、水はけがよくお掃除も楽にできるようになったことが挙げられます。


トップへもどる